January 01, 2011:相乗積とは何か、決定版!

  • あけましておめでとうございます。今年も食品スーパーマーケット最新情報をよろしくお願いします。
  • 食品スーパーマーケット最新情報を始めて丸5年が過ぎ、6年目となりました。この5年間、毎日、食品スーパーマーケットの最新情報に関するブログを書き続けてきました。その数、1,891本となり、累計アクセスも290万件を超えました。今年前半にはブログ本数2,000本、累計アクセス300万件を超えるものと思います。今年もさらに内容の充実をはかり、様々な角度から食品スーパーマーケットの最新情報を発信してゆきたいと思います。
  • さて、今年、2011年1月1日、はじめのブログは、「相乗積とは何か、決定版!」というタイトルを選びました。このタイトルを選んだ理由は、これまでの食品スーパーマーケット最新情報のすべてのブログ(1,891件)の中で「January 01, 2008、相乗積とは何か、その活用方法、粗利率を改善せよ!」がNo.1のアクセスであることがわかったためです。これほど、相乗積に関心が高いとは思っていなかったので、びっくりです。ためしに、Googleで相乗積を検索してみると、約 67,300 件中、第2位となります。また、yahoo!でも66,100件中、第2位となり、相乗積をインターネット検索でチェックするにはなくてならないブログとなっており、食品スーパーマーケット最新情報のNo.1ブログとなったことが頷けます。ちなみに、Googleの相乗積ベスト5ですが、No.1相乗積について勉強するページです。・・(http://ecokagaku.web.fc2.com/kouri/soujyouseki.htm)、No.2食品スーパーマーケット最新情報: 相乗積とは何か、その活用方法・・(http://pipi.cocolog-nifty.com/pi/2008/01/post_9db2.html)、No.3満足回答には100P差し上げます!1 相乗積に関する質問で・・(http://q.hatena.ne.jp/1146993198)、No.4相乗積 とは – コトバンク・・(http://kotobank.jp/word/%E7%9B%B8%E4%B9%97%E7%A9%8D)、No.5相乗積 – UR都市機構・・(http://www.ur-net.go.jp/tenant/knowhow/senryaku/senryaku_8.html)となります。同様に、Yahoo!の相乗積ベスト5ですが、No.1からNo.5までgoogleと全く同じものとなります。現在、イネターネットで相乗積を知るには、まずは、この5つを見ることが基本となっているといえ、ここまで、「January 01, 2008、相乗積とは何か、その活用方法、粗利率を改善せよ!」の検索順位が高くなっていたとは驚きです。しかも、奇しくも3年前の1月1日のブログであり、今日、2011年の1月1日に取り上げるブログとしても、相乗積はふさわしい内容ではないかと思います。
  • そこで、改めて相乗積とは何かですが、前回はチェーンストアの計数管理に焦点を当てた内容でしたので、今回は、相乗積そのもの、その本質にダイレクトに迫ってみたいと思います。まずは相乗積とは何かですが、先にあげたGoogle、Yahoo!のNo.4を見ると、辞典での定義がありますが、それによると、「二つ以上の数を掛け合わせて得られる値」のこととなります。直訳すると、これが正しい定義であるといえ、2つ以上の数字を掛け合わせた結果の値のことですので、小売業特有の、独特の言葉ではないといえます。ただ、これが小売業で独自に発展して、魔法のように使われたために一気に、小売業界ではメジャーな言葉となり、独特な計数管理の技術として確立していったといえます。どこが独特かですが、2つの数を売上構成比と粗利率に限定した点、しかも、その値を足し合わせて複数の商品あるいは部門、さらには店舗に応用した点であるといえます。なぜ、これがここまで小売業界でメジャーになったかですが、この小売業界独特な粗利計算方法を知らないと目の前の商品の粗利、店舗の部門間の粗利、そして、店舗間の粗利の算出ができず、利益管理ができなくなるからです。さらに、この技術は覚えてしまえば極めて簡単で、電卓なしでも紙の上で掛算、足し算のみできてしまい、慣れてくれば暗算でもできるからです。たとえば、まぐろの柵の粗利率、刺身盛り合わせの粗利率、チョコレート売場の重点商品10品の粗利率、鮮魚部門と菓子部門の合計の粗利率、チェーンストア10店舗の粗利率などです。いずれも、一筋縄では粗利率を計算することは難しいのですが、それぞれの売上構成比と粗利率がわかれば、単純に掛けて足せばよく、簡単にそれぞれの粗利率が算出できるのが相乗積の最大の特徴です。この掛けて、足すというのが「みそ」であり、これが独特な計算方法であるといえ、小売業で独自に発展してきた複雑な粗利計算に対し、相乗積を応用し、簡単に算出できるようにした類稀な事例といえます。ただ残念なことに、その技術面のみがクローズアップされ、その本質が何であるかを理解しきれていないケースが多く、そこで技術が止まってしまっており、残念であるといえます。
  • では、小売業独特のこの粗利計算を導く相乗積の本質とは何かですが、その答えは、「粗利構成比」であるといえます。本来、相乗積という言葉を使う必要性はなく、売上構成比と粗利率を掛けて足しているので、これをもとの要素にもどすと、売上構成比=対象商品(部門、店舗)の売上高/全体の売上高であり、粗利率は対象商品(部門、店舗)の粗利高/対象商品(部門、店舗)の売上高ですので、掛けると対象商品(部門、店舗)の売上高が約分されますので、対象商品(部門、店舗)の粗利高/全体の売上高となり、何のことはない粗利構成比となるわけです。したがって、これが複数あっても、分母は常に同じですので、分子の足し算で良く、複数の商品(部門、店舗)の粗利計算が簡単にできることになるわけです。
  • このように、相乗積は魔法のような粗利計算の独特な技術のように思われていますが、その本質は何のことはない、単純な粗利構成比のことであり、粗利構成比=売上構成比×粗利率の粗利構成比を相乗積と呼んだことにより、その言葉のもつ神秘性と独特な計算技術とがあいまって分かりにくく、あたかも小売業界にとっての秘伝のように発展していったものといえます。これを機会に、この相乗積を本質から理解し、現場で実践活用し、粗利改善をどんどん図って欲しいと思います。

January 01, 2008:相乗積とは何か、その活用方法、粗利率を改善せよ!

  • チェーンストアにおける粗利管理の極意は相乗積を使いこなすことにある。相乗積とは一般には売上構成比×粗利率で示され、いわゆる粗利ミックスを暗算に近い形で即時に計算できる粗利率算出の計算技術のひとつといえる。ちなみに粗利PI値を活用すれば、粗利PI値の総和÷金額PI値の総和で計算できるので、PI値を活用しているのであれば、この数式を用いた方が簡単かもしれない。相乗積に話をもどすが、相乗積とは何かであるが、これは数式でいえば、売上構成比×粗利率であるので、(グループ売上高÷全体売上高)×(グループ粗利高÷グループ売上高)となるので、グループ売上高が相殺され、=グループ粗利高÷全体売上高となり、何を隠そう、相乗積とは粗利構成比のことである。したがって、通常の構成比=売上構成比と全く同じように考えればよく、売上構成比に対する粗利構成比と考えればよい。相乗積という言葉で表現されるため、あたかも魔法のような計算技術のように思われているが、相乗積とは粗利構成比そのもののことである。余談だが、小売業界に相乗積が広まったのは粗利ミックスをすばやく計算する技術、ノウハウのひとつとして広まったといえよう。目の前の商品の単品はすぐに粗利率は分かっても、これが粗利率の違う2つの単品、3つの単品となると、簡単には粗利率が計算できないため、その簡単な計算方法として伝統的に小売業界で伝承されてきた計算技術の一つといえよう。たとえば、2つの単品の場合の相乗積の算出方法は、その単品の粗利率が分かっていれば、合計売上高を出し、個々の単品の売上構成比を算出し、各単品の売上構成比と粗利率を掛け、相乗積=粗利構成比を算出し、その和を求めれば、この2つの単品の合計の粗利率が計算できる。これを売上予想に換えれば、粗利率予想にもつながり、2つの単品を同時に販売した場合にどのくらいの粗利率となるかが予想でき、ここから、粗利率をあげるためには、売上構成比を変えるか、粗利率を見直すか、ないしはもう1品追加するかなどの粗利戦略の仮説をたてることもでき、利益にも重点をおいた売上戦略を立てることが可能となる。
  • では、この相乗積をチェーンストアで活用するにはどのような方法があるかを考えてみたい。チェーンストにおいて、最も重要な課題は店舗全体の粗利率と部門全体の粗利率を即座に把握し、どの店舗のどの部門の粗利貢献度に問題があるのかをすばやく把握し、改善、活性化をすることにあるといえよう。これが、正確に、素早く、確実にできないと、店舗全体、部門全体の粗利の改善が遅れ、チェーンストア全体の粗利率の改善に結びつかず、折角もうけた利益が垂れ流し状態となりかねない。したがって、ここに相乗積を用いることが、チェーンストアの粗利管理のための大事なテーマであるといえ、相乗積を駆使し、いち早く、課題の店舗、課題の部門を特定することが最大のテーマといえよう。具体的にはどのように相乗積を用いたらよいかであるが、チェーンストアは、食品スーパーマーケットでいえば約10の部門を持った店舗が、数100店舗、数1,000店舗となるが、ここでは分かりやすくするために、10部門、10店舗で考えてみたい。実はチェーンストアの相乗積には2つあり、商品から見た相乗積と店舗から見た相乗積がある。一般的には商品から見た相乗積を思い浮かべがちとなるが、チェーンストアとはまさにチェーン、店舗がじゅつ繋がりとなったビジネスモデルのことであり、店舗間の相乗積を見ることがさらに重要なことであるといえる。店舗間の相乗積とは全体売上におけるその店舗の売上構成比とその店舗の粗利率を掛けた相乗積を店舗全体、各部門で算出し、どの店舗に問題があるのかを店舗サイドから明確にすることである。これに、その店舗内の部門別の相乗積を補足することにより、どの店舗のどの部門、どの部門のどの店舗の粗利貢献度に問題があるかが明確になる。さらに、これを昨年の相乗積と比較すれば、チェーンストア内の問題だけではなく、昨年と比べ、粗利構造がどうのように変化したかも明確になり、課題の店舗、課題の部門がより明確になる。10店舗、10チェーンでいえば、昨年との差異だけで、全体で10×10、部門で10×10の200のマトリックスができあがり、このマトリックスを縦横ソートをかけ、課題の店舗、課題の部門、逆に、貢献度の高い店舗、貢献度の高い部門を明確にすることにより、ピンポイントで粗利率の改善ポイントが明確になる。これができれば、あとは、課題の相乗積が=売上構成比×粗利率であるので、どちらに問題があったかを確認し、売上構成比であれば、まさにマーチャンダイジングの問題であり、PI値を活用したMD評価表をもとにマーチャンダイジングの改善をはかれば良い。逆に、粗利率の問題であれば、仕入改善、値入れの見直し、値引きの見直し、販促の見直し、欠品、鮮度管理の見直しなどを徹底してゆくことが課題となる。
  • このように相乗積をチェーンストアで活用してゆくことにより、どの店舗のどの部門の粗利貢献度に問題があるかが明確になるので、あとは、チェーン全体の構造上の問題であるか、それとも特定個人の管理上の問題であるかを見分け、構造上の問題であればシステム的なアプローチが必要であり、個人の問題であれば研修教育の実施が必要であるので、どのような対応をしてくかを見極めれば良い。今年は値上げ問題、競争の激化が予想される1年となるものといえ、相乗積を駆使し、しっかり粗利改善に取り組みたいところである。

参考:

  • 相乗積:2017年12月20日 (水)
  • てっちゃんの店長日記:楽しくなければスーパーじゃない